manana

Facebook  Twitter  Instagram  Youtube

 

manana is a singer-songwriter in Japan who plays acoustic guitar. After experiencing the development of selective mutism in her childhood, she started writing songs with the themes of “loneliness” and “living.” She later went on to study abroad in the United States and was strongly influenced by Western music. She began to write songs with a Western taste. After returning to Japan, her music activities officially started in 2007 and continues to perform in the Tokyo area

Her 1st album Fly To You was released and 2013 available on iTunes Japan, Amazon and more

and her second mini-album Sanctuary was released in 2014 available via her online shop

Her lyrically based songs have been written from her own experiences. People who sympathize with this world view gather for her live shows. Her fan base is wide, regardless of age or gender, from students to working adults.

In addition, manana self-produces her music.  Not only writing and composing her songs, but also recording, designing, and producing her music videos. Recently, the number of independent live performances have increased, and a full audience comes for her one-woman live event that is held once or twice a year.

In addition, she is also engaged in activities aimed at communicating information about selective mutism, such as hosting “Kanmoku Acoustic Live” by artists who have experienced selective mutism

…..

manana(マナナ)。アコースティックギター弾き語り、シンガーソングライター。
幼少期に場面緘黙を発症した経験から、”孤独”や”生きること”をテーマに曲作りを始める。
その後、アメリカ留学を経て、洋楽に強い影響を受け、洋楽テイストな曲作りをするようになる。
帰国後、2007年より都内を中心に音楽活動スタート。

1st アルバムFly to You2013年リリース 現在 iTunes Japan, Amazon などに発売中

2ndミニアルバムSanctuary2014年リリース Mananaのオンラインショップにあります

自身の経験から紡ぎ出されるリリカルな楽曲、その世界観に共感した人たちがライブに集まる。ファン層は幅広く、学生から社会人まで、年代性別を問わない。

また、セルフプロデュースにこだわり、作詞作曲だけでなく、レコーディング、デザイン、MV制作に至るまで自ら手がけている。
最近では、ライブを自主企画することも増え、年1~2回行われるワンマンライブには満員の観客を動員。さらに、場面緘黙経験を持つアーティストたちによる『かんもくアコースティックライブ』を主催するなど、場面緘黙の周知を目的とした活動も行っている。

Maya Hatch

*Maya Hatch has returned in 2021 with her latest single All I Want Is You,  a family affair feat. husband MC BOODAH available on iTunes and Apple Music

2021年になって彼女の新リリースをきました  ”All I Want Is You” 今回旦那さんとMC BOODAHのコラボ 現在iTunesApple TVでチェックできます!

Official Page

YouTube Channel

 

Maya Hatch is an international singer-songwriter from Seattle, currently based in Tokyo. As a child, she began acting and singing for various educational programs, television stations and musical productions. Her voice has been featured on several mainstream Japanese commercials, television shows and motion picture soundtracks. After graduating high school in Seattle, Maya went on to further her studies in jazz at The New School in NYC. While she was there, she was discovered by Spice of Life, through which she released two vocal jazz albums “My Foolish Heart” (2009) and “Li’l Darlin'” (2012). She has shared the stage with Jazz giants such as Ron Carter and Richard Bona, Hip-Hop icons such as ZEEBRA, R&B heroes BOYZ II MEN, Japanese Pop stars such as EXILE ATSUSHI and Shikao Suga, and most recently has collaborated with the hit-making living legend Babyface on her newly released single “Fly Away.”

– – –

マヤ・ハッチ

1985818日、シアトル生まれ。

13歳の時、TBS系列のオーディション番組「チャンスの殿堂!」で約14,000人の中から選び抜かれた4人のうちの1人として6ヶ月間に渡りお茶の間に登場。

2009年ファーストアルバム「My Foolish Heart/マイ・フーリッシュ・ハート」でジャズ・シンガーデビュー。

2010年、BSフジの人気番組「Beポンキッキ」に歌のお姉さんとしてレギュラー抜擢。

2012R&Bフレイバーを取り込んだ斬新なセカンドアルバム「Li’l Darlin/リル・ダーリン」をリリース。

2013年にはジャズ・ベースの巨匠、ロン・カーターとの共演を果たし、その他にもジャズ・フュージョンベーシスト、リチャード・ボナなど、日本を代表するラッパー、ZEEBRAとも共演。

最近はEXILE ATSUSHIやスガ シカオのバックコーラスを務め、更に2016年、EXILE ATSUSHIと札幌ドーム公演でデュエットを果たす。

LUX・スーパー・リッチ・シャンプー、ドコモGalaxy Note Edgeなど、多数のCMソングに起用され、映画「チアダン」、「心が叫びたがってるんだ。」、テレビドラマ「ブラックリベンジ (日テレ・2017)」、「アシガールSP (NHK2018)」のテーマ曲や挿入歌を提供し、また劇場版「信長協奏曲」のサウンドトラックへの楽曲提供など、活躍の場を広げている。

現在は公私ともにパートナーであるラッパー、MC BOODAHと二人組のR&B/Hip-HopユニットUnMe(運命)を結成、20191月にファースト・シングル「The Sky Told Me/ザ・スカイ・トールド・ミー」をリリース。

最新シングル「Fly Away」は、数多くのヒット曲を生み出してきた伝説的なRBシンガー・ソングライターであるBabyfaceとのコラボレーション。

様々なジャンルを幅広くこなす実力派シンガーとして注目を集めている。

 

TOYONO

Official Page

Myspace Page

Singer-songwriter and vocalist TOYONO started her connection to music at the age of 3 when she was learning how to play the organ. Years later she discovered Brazilian music and the Portugal language. And with the simple feeling of wanting to sing in that style and learn of the culture, her new journey began.

She eventually went to Brazil and while studying the language began to study under percussionist Marcos Suzan.

After returning to Japan she began working with different units and has kept busy ever sense. In 2001 TOYONO released her first solo album “litoral” which won awards in Brazil. She followed that album with “ginga mais”. With her melodic voice and happy auora she became popular among musicians  and began doing guest vocals for various acts.

She released her third album “pelicano heaven” in 2007 as well as her first cover album “Luz do sol” in 2009.

“””Her major debut album via Victor Entertainment Kurogami no Samba was released 9/21/2016

6年振りのオリジナルアルバムでビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。「黒髪のサンバ2016.9.21リリース

……..

大阪生まれ。
シンガーソングライター&ヴォーカリスト
3歳からオルガンを習い絶対音感を身に付ける。
OL時代に耳にしたブラジル音楽のポルトガル言葉の響きに、歌いたい、とシンプルに思ったのがきっかけで、 ボサノヴァやMPB、ショーロなどのブラジル音楽を熱心に聴くようになる。

96年思いが高まり単身リオデジャネイロに渡る。ポルトガル語を習得しながら、
世界的パーカッショニスト、マルコス・スザーノに師事。

帰国後99年伊藤ゴロー(g)とのアコースティックユニット”Espiritoエスピリト”で、オノ・セイゲンのプロデュースにより 「serafim」(SAIDERA RECORDS)を発表。TOWER RECORDSが選ぶ99年名盤100選にも選ばれる。 その後01年「Litoral」でソロデビュー、ブラジルディスク大賞入賞、04年「ginga mais」発表(ともにFILE RECORDS)。
またハッピーオーラ溢れるキュートな歌声に内外から熱いラブコールを受け、須永辰緒、池田正典、 伊藤陽一郎などの話題DJ作品他、高内春彦、gira mundo、「everyone knows songs」(童謡コンピレーション)などの作品に ゲストヴォーカリストとして幅広く参加。

07年8月矢井田瞳等を手掛けた片岡大志を総合プロデューサーに、斬新な発想と手腕でジャンルを超えて人気のギタリスト竹中俊二をサウンドプロデュー サーに迎え、3rdアルバム「pelicano heavenペリカーノ・ヘヴン」をリリース。
(マルコス・スザーノ、塩谷哲、沼澤尚、中西俊博、saigenji、竹中俊二などが参加。)
また同年、所ジョージのプロデュースアルバム「S.E.M.B」(avex trax)にヴォーカリストとして参加、所ジョージ・清水圭司会によるテレビ番組「世田谷ベース」に出演。
08年リオ・デ・ジャネイロ録音にて初めてサウンドプロデュースを手掛け、「Dance Classic Bossa」(Grand Gallery)(compiled by 井出靖)がリリースされる。
(マルコス・スザーノ、カチア・ベー、モスカ、TOYONO、ホドリゴ・マラニャオン、竹中俊二などが参加。)

09年5月、新ユニット「tropico uniqueトロピコ・ユニーク」にて、TOYONO初のカヴァーアルバム「Luz do sol」をリリース。ビートルズ、バカラック、カエターノ、荒井由美までポルトガル語、英語、日本語とボーダレスにセレクトされ、
また「歌+ギター+オルガン+スティールパン」という世界に類を見ない楽器編成でのユニットも話題となっている。
(TOYONO vocal 竹中俊二guitar&sound produce 金子雄太org トニー・グッピーsteel-pan)

またチェリスト柏木広樹に楽曲提供、椎名林檎、hiro(speed) などへのポルトガル語発音指導も手掛けるなど、ライブはもちろんのこと、幅広い活動を展開中。

さらなる今後の活動を期待されるボッサ・ディーヴァである。